小学校2年生の保護者

 こどもの家の先生方は、皆、笑顔が素敵で、子ども達への愛に満ちあふれたとてもお優しい先生方です。どんな時でも、子どもの気持ちを優しく受け止め、手を差しのべてくださいます。園長先生は、この園をゼロから立ち上げて四半世紀以上、多くの子ども達を育ててきた幼児教育のベテランです。子育てに悩んだときにも、頼りになる心強い存在です。(中略)

また、先生方は、子ども達の気持ちをとても尊重してくださいます。例えば、入園してしばらくの間は、子どもが登園してもなかなか母親から離れらないことがあります。そのような場合には、子どもが自然にバイバイできるまで、母親も一緒に玄関で過ごすことができるのです。(中略)
 少人数制で、先生方の目が行き届くきめ細やかな保育がなされています。例えば、ケンカがおきたとき、先生方は双方の子どもの言い分を時間をかけて聞いて下さいます。双方のきもちを尊重し、それぞれの話を共感しながら聞き、受け止め、子ども達の気持ちの整理がつくまで付き合って下さいます。(中略)

 2歳から5歳までの子ども達が、ひとつの縦割りオープンクラスで生活していますので、毎日の生活を通して、年長者への尊敬の気持ち、また、小さきもの、弱きものをいたわることができる思いやる気持ちが育ちます。また、子ども達は、人数が少ない分、密度の濃い付き合いをしますので、コミュニケーション能力の高い子ども達に成長します。(中略)

 こどもの家にある家具・器具・備品などは、おもちゃではなく本物で、子どもの手にあったサイズで使いやすいものが揃っています。また、教具・教材は、子どもが手順にそって一人で安全に自由選択作業ができるよう魅力あるものばかりです。(中略)

 子どもは、毎日、「今日はどんなお仕事をしようか」と自分自身で選択することができます。決められたことをイヤイヤながらもしなくてはならない一斉保育の園とは違い、自分で今日したいことを選べるというのは、何と幸せなことでしょう。小さいうちから自分自身で好きなものを選択できる環境があるということは、自分の人生を受け身ではなく主体的に生きていける子ども達に成長するのではないでしょうか。

 娘はお陰様で、自分の意見をしっかり持った落ち着きのある小学生になりました。自分の意見も言いますが、お友達を気遣う優しさも、園の生活を通して自然と身につけることができました。こどもの家の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。宝物のような4年間を、本当にありがとうございました。


小学校2年生の保護者

 入園面接の時も、懇談会や面談、食事の時も、テーブルには手作りのテーブルクロスがかけられ、小さな花が飾られ、日常のドタバタや緊張を忘れさせてくれる空間が用意されており、心穏やかにその時を過ごすことができました。子どもにとっても居心地の良い所だったと思います。

 小さいサイズのものが色々と用意され、ひよこの時から、大人と同じように、テーブルを整え、コップにお茶を注ぎ、片付ける作業をこなし、「できた」の数を増やし、自信をつけていくことができる場所だったと思います。私が参観で驚いたのは、「おしごと」の最中、子どもたちは各自集中し、とても静かだということでした。外では元気に走り回っていても、部屋の中では大声を立てず、静かに歩き、集中して「おしごと」に向かっていました。

 こうして四年間を振り返ってみると、先生方が子ども達の「できた」を増やせるよう、気づかないくらい自然に手助けしてくださっていたことに気づかされます。子どもや親の声に耳を傾け、心に寄り添ってくださっていたことも感謝しています。子どもと毎日、小鳥の声を聞き、草花を摘み、富士山を拝みながらの登園も今では宝です。ありがとうございました



小学校5年生の保護者


 私がモンテッソーリ教育に出会ったのは、長男が生後11か月の時でした。その理論に大変感動し、以来、どっぷりモンテッソーリ教育の虜になってしまいました。当然、幼稚園はモンテッソーリ教育をしているところが絶対条件となり、自宅から一番近い「八王子こどもの家」を選びました。

 そして、入園説明会後の見学で日常の保育の様子を初めて見た時、教室がとても静かなことにとても驚かされました。「子どもがこんなにいるのに、うるさくないなんてありえない!!」
そう、そのありえない光景が目の前にありました。もくもくと針仕事をしている子ども、その向かい合わせに自分で机に椅子を運んで、先にお仕事をしているお友達の作業のじゃまをせずに、違うお仕事を自分で選んで作業を始める子ども、整然と並んだ教具、所々に生けられているかわいいお花・・・。母になって2年弱の私には、何もかもがまぶしく見えました。

 入園してからの1年間を振り返ってみると、確実に成長している長男とともに、自分自身も母として成長しているなあ、という実感があります。というのも、先生方の子ども達に接する態度から学ぶところが大きいのです。まだまだ至らない点はたくさんあるのですが、「昔だったらとっくにキレていた」長男とのバトルも、先生のまねををして言い方を変えてみたらうまく回避できたり、「昔だったらしかりとばしていた」長男の行動も見方を変えたら(少し?)暖かく見守っていられたり・・・。「八王子こどもの家」は、長男だけでなく、私の勉強の場にもなっています。



中学校2年生の保護者

 「ボクかえりたくな~い!」入園最初の息子の言葉です。自宅の中には無い「ゆったりと流れてゆく子どもの時間」がこどもの家にはあったのでしょう。その頃の私は何においても余裕の無い母親でした。様々な準備や心構えも、ある程度必要ですが、かといって誰も「完璧」を望んでいるわけではないんですよね。あくまでも「出来る限りの努力」でよかったんです。後々気づきました。「ボクね、きょうのお弁当み~んなたべちゃったよ。ほらみてみて!」「すごいね、ママも頑張ったかいがあったよ。」
「このシュウマイ、毎日入っていてもいいよ。」なんとたすかるお言葉!私のマンネリお弁当に何一つ文句を言わなかった息子に大感謝です。「でも、時々サンドイッチも食べたいなあ。」
「わかった。ママ頑張って作るよ。」「じゃあ、ボクも早起きして手伝うよ。」こんな会話が本当にあったんですよ。子どもと一緒に楽しめば、なんとでもなっちゃうんだな・・・と思いました。

上手な作り置きを覚えれば、衛生面でもさほど問題ありませんし、手がかかりません。今どき貴重なお弁当づくり、親子での大切な通園のひととき、どうぞ気負わず楽しんでください。



中学2年生の保護者

 入園前、かつて私が参加した講演会で、今でも心に刻まれている先生の言葉があります。
「六才になるには六年かかります。」最初、この意味が私にはよくわかりませんでした。それが、「子どもが自立の一歩を歩んでいくために必要な時間は年齢の分だけかかるものである。」という事だと、後になってやっとわかりました。一見、当たり前のような言葉でも、よくよく子どもを観察すると納得することがありました。五歳までなかなかはずせなかったオムツが、学校に入るまでには完全にとれていたこと。相手と同じ欲求でぶつかったときに、相手に譲って代替え案をみつけることなど、ほかにもいろいろありますが、すべて相応の年月が必要であったということです。

もっと驚かされたのは、小さなマナーや、さりげない美しいしぐさなどを、普段の園生活から自然と身につけて帰ってきたことです。人の目を見て話をする、脱いだ靴をそろえる、服を順序良くたたむ、急須のフタに手をそえてお茶を入れるなど、数々あります。実際、よその人によく感心されました。ただ、勘違いしてほしくないのですが、これらはすべて、本当に本人の意思でしていることであって、私がやりなさいといったことではありません。

私自身も子ども達や先生方に大切な事を沢山教えられ、大変勉強になりました。
卒園してから、「こどもの家で良かった。」と必ず、子ども達自らが答えをだすでしょう。



中学2年生の保護者

 娘は転居してきたため、1年間八王子こどもの家に通いました。その1年間はとても楽しい1年間でした。転居して新しく幼稚園を探していた時、園バスや、給食のある所、課外活動のある所など、いろいろ見学しましたが、園バスも給食も課外活動もない八王子こどもの家に一番魅力を感じて入園を希望しました。通園については、自転車で20分くらいで行けそうだったので自転車で通う事にしました。園バスのない幼稚園では毎日直接先生と会って、挨拶やお話ができるので園での子どもの様子がよくわかり安心です。また、子どもにとっても、お友達がお母さんと一緒にいるリラックスして状態を知ることができて、お友達に対しより親しみを感じることができたようです。

 お弁当については、毎日(水曜日は午前保育のためお弁当はなしですが)作ることは大変だと思うこともありました。娘は好き嫌いが多く、おかずに何を入れてよいか悩みました。しかし、とにかく子どもの食べられるおかずを入れておけるので、現在の小学校での給食のように、

「今日はおかずを一つも食べていないのでおなかがすいていると思います。」と先生に言われることはありません。また、お弁当の時間、お友達とおかずを交換したり、お友達がみかんに絵をかいて持ってきたのをみて、同じくみかんに絵をかいてもっていき、すきではなかったみかんを食べられるようになったりと、楽しくお弁当の時間をすごしていたようです。

 こどもの家には1年間しか通えませんでしたが、その1年間に受けた影響は大きく、今も家では毛糸を使って何かを作ったり、お手伝いをすることが大好きです。もっと通っていたかったこどもの家でした。



大学院生、大学生の保護者

 私たち家族が一斉保育ではないモンテッソーリ教育のこどもの家を敢えて選択したのは、先生が中心ではなく、常に、どんな時でも子ども中心で主役であることにひかれたからです。
 
 子ども達は「今日はこんなお仕事したんだよ。」と誇らしげに持ち帰っては満面な笑みで見せてくれました。モンテッソーリ教育を通し、いつもと変わらぬ、秩序感が保たれた整った環境の中で、「自分」というものを常に大切に持ちつつ、どんな時も優しく受け止め、見守り、手をさしのべて下さる先生方の中で過ごせたことは、どれだけ安定した心で日々をおくれたことでしょう。又、母親としても、子育ての「い・ろ・は」をここで学びました。2人とも行き渋りの時期があり、特に上の子は長く涙の時期が続いたのでわかってはいても私自身焦り、不安になりましたが、どんな時でも先生方は優しく気持ちを受け止めてくださり、一歩一歩前に進めるよう言葉を掛けてくださいました。又、連絡帳で嬉しいことも悩んでいることも先生方と心のキャッチボールが出来ましたことは、本当に嬉しく、心強く、有り難く、今でも親子の成長記録として大切な宝物となっています。




第2回(平成4年)卒園生

 先日は突然お伺いしてしまったにも関わらず、温かく迎えて下さり誠にありがとうございました。こどもの家が、大人になっても、あたたかく迎え入れて下さる場所であることに本当に感激しております。また、そのような場所が私にはあるということがとても幸せに思えます。
 こどもの家で過ごしたことで良く覚えていることは、「円柱さし」「ゴッツアイ」「線上歩行」「アイロンかけ」「身体図」「ハロウィン」「お泊り保育」などです。 こどもの家で過ごしたことが、今につながっていると思う事には、次のような事が考えられます。

 ・思いやりをもって常に行動する。
 〜先生が一人一人をしっかりと見て、認めて下さり、私は大切にされたという記憶があるため、私自身も周りの方々を大切にする思いやりの心を持つことを根付かせて下さったと思います。

 ・指先を使う作業や細かな作業を楽しく行える。

 ・集中力がある。
 〜限られた時間の中で、周りの物音を気にせず集中して作業をすることができる。

 そして、人間関係を良好にするために必要な思いやりの心、日常生活や学びの場、会社で必要なコツコツと努力する力と集中力のベースがこどもの家での生活で身につき、今につながっているのだと感じています。

 さらに、私自身が母親になった今、モンテッソーリ教育に強い関心を抱くようになりました。